オンリーワン商品を強みに、ドクターへのより良い提案を目指す

営業本部 東海京滋リージョン
Y.O.

自由な職場風土に感じた可能性

同業である整形外科のインプラントメーカーで5年間営業に従事したのち、転職エージェントからの紹介を受けMPOに入社しました。前社は業界大手と呼ばれる会社で、営業担当も人数が多いだけに、一人ひとりの営業テリトリーはどうしても限られてしまいます。また、契約などで稟議が必要な場合も動きが遅くなりがちでした。新規開拓が鍵となる仕事だからこそ、もう少し自由に動ける環境で挑戦してみたい――そう考えて選んだのがMPOです。面接では、数十名規模の企業ならではの柔軟な社風が伝わり、「個々人の営業スタイルを大切にしているので、自由に活動してほしい」と言ってもらい、可能性の広がりを感じましたね。

チームで大きな目標に向かっていく

入社後は大阪・京都エリアで経験を積み、6年目から名古屋を拠点とする現在のリージョンでマネージャー職を任されています。一営業時代とは異なり、使命は5名のメンバーのまとめ役となって、リージョン全体で成績を伸ばしていくこと。メンバーそれぞれと密に連絡をとりながら、病院営業に同行したり、経験の浅い社員にはOJTで指導に当たる毎日です。担当営業がふさがっている場合にはオペの立会いを代行し、現場で発生するドクターのニーズを直に探ります。一方で、売上管理やデータ分析、東京本社での毎月のマネージャー会議に備えた資料づくりなども欠かせません。慌ただしい日々ではありますが、チームで大きな目標を目指していく手ごたえを感じています。

対話を重ね、メンバーを支える

私自身は現在担当の病院を持ちませんが、やはり営業としてのやりがいは、長くフォローしてきたドクターが当社製品を採用してくれたときに感じられるもの。オペで用いる製品やアプローチ方法を変更するというのは先生方にとって大きな決断であり、その土台となる信頼関係をしっかりと築いていかなければなりません。経験を通して知識とコミュニケーション力を磨き、当社の資産を活かしていかにドクターのニーズに応えていくかが問われます。簡単なことではないだけに、営業成績が伸び悩むなどメンバーが壁にぶつかっていると感じるときは、積極的に対話の場を設けてサポート。意見を交わす中で、メンバーが自ら課題に気づき「今後はこのように取り組んでみます」など答えを出していけるのがベストだと思っています。

商品力とチャンスの多さが魅力

当社の強みは優れたオンリーワン商品が多いという点です。私自身も転職時に感じたことですが、「これなら勝負できる」「ドクターに喜んでいただける」と思えるような、他社にはない製品・技術が揃っているのです。キャダバー研修(海外でのドクター向け学術研修)の主催や、各種セミナー・イベントの開催・協賛などが多く、先生方との接点が豊富なこともチャンスにつながっています。また一方で、新たな提案が受け入れられやすく、手を挙げた人にどんどん任せていくような前向きな風土は、10年前の入社時から変わらない当社の特長です。MPOは現在大きな組織改革を進める最中にあり、今後よりいっそうフレキシブルで現場の声が通りやすい会社に進化していくものと信じています。

一日のスケジュール

  • 出社、当月の進捗や製品の発注・出荷状況を確認

  • メンバーとの面談。現状抱える課題や今後の方針について話し合う

  • 営業同行1件目。器械のカスタム化について要望をヒアリング

  • 営業同行2件目。次回開催予定のセミナーをドクターにご案内

  • ランチ

  • 部下の担当病院でオペの立会いを代行

  • 直帰